お花の効能を知ろう

「お花があるだけで、人はリラックスできる」ということが科学的に証明されています。

国立大学法人千葉大学環境健康フィールド科学センター自然セラピープロジェクトが、
日常生活の中に、花があるときとそうでない時の心理的効果(リラックス効果)を測定したところ、

花のある部屋では「活気」が大幅に増加し、「怒り・敵意、抑うつ、緊張・不安、疲労、混乱」
は低下することが明らかとなった。

また、心拍変動性を用いて、生花がもたらす生理的効果を測定したところ

(1)リラックス時に高まる副交感神経活動は、29%アップ
(2)ストレス時に高まる交感神経活動は、25%抑制

されることがわかり、生花がもたらす生理的リラックス効果が医学的に証明された。

【資料】国立大学法人千葉大学環境健康フィールド科学センター
【調査対象】オフィスワーカー、医療従事者、高齢者、高校生(合計347名)
  ※調査には、生花のバラを使用。